薬の「食前」「食後」は「直前」「直後」ではありません。

薬局で処方された薬にしても、ドラッグストアで買った薬にしても、飲むタイミングの指定があります。

中でも「毎食後にお飲みください」というのは多いですよね。

なので、食べてすぐに飲む方は多いと思うのですが、実はそれは間違いなのです!

今回は「食前」「食後」という指定がある薬の、正しい飲み方・タイミングについてお伝えします。

正しい食前食後のタイミング

結論から言うと、食前は30分以上前、食後は30分後以降が正しいタイミングとなります。

それにはちゃんと理由があります。

食前が30分以上前である理由

食前に飲むよう指定がある薬は、食欲が増す効果や吐き気を抑える成分が含まれている場合が多いです。

なので、直前だと薬が効きはじめる前に食事が始まってしまい、十分な効果を得ることができません。

そのため、30分以上前にのんで、しっかり薬が吸収されてから食事をすることが望ましいのです。

食後が30分以上後である理由

食後の指定があるものは、食後30分後以降が最も吸収されやすいのが理由です。

食後30分以降だと、胃での消化もある程度落ち着いていますし、胃や腸からの吸収力も増しています。

また、胃酸の分泌も落ち着いていますし、食べたものの影響も受けにくいのです。

これが食後すぐだった場合、食べたものに混ざってしまい、十分に溶けきれなかったり、吸収されなかったりします。

なので、食後30分後が最も効率的に吸収できる時間帯なのです。

では、食間指定の薬は?

食間指定の薬は、溶けにくい、または吸収に時間がかかるのが理由です。

典型的なのは抗生物質ですが、消化吸収に時間がかかるため、より食事の影響を受けにくい食間が指定されています。

ごくまれに大きな間違いで食事中に飲んでいる話も聞きますが、最も効率が悪くなってしまうので、お気をつけください。

まとめ

同じ薬でも、飲み方やタイミングで効き目は変わってきます。

タイミングの指定は薬の効果を最大限に引き出すためなので、しっかり守ってのみましょう!

カテゴリー:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です