血圧の基準は?どのくらいの数値から高血圧になる?

最近では家庭用の血圧計も安くて性能が良いものが増えてきたので、自宅で毎日測っている方も少なくないようです。

ただ、血圧が上がることによる自覚症状はあまりないので、「まだ大丈夫」と甘めの判断をしていませんか?

今回は高血圧かどうかの目安になる数値についてお伝えします。

高血圧かどうかの判断となる数値

日本高血圧学会によると、以下の数値が高血圧かどうかの判断基準になるとしています。

分類 収縮期血圧 拡張期血圧
正常域血圧 至適血圧 120未満 かつ 80未満
正常血圧 120~129 かつ/または 80~84
正常高値血圧 130~139 かつ/または 85~89
高血圧 Ⅰ度高血圧 140~159 かつ/または 90~99
Ⅱ度高血圧 160~179 かつ/または 100~109
Ⅲ度高血圧 180以上 かつ/または 110以上
収縮期高血圧 140以上 かつ 90未満

この数値で高血圧帯に入る方は、医師の指導のもと、生活習慣の改善や治療が必要です。

まとめ

高血圧は別名「サイレントキラー」と呼ばれるように、自覚症状がほとんどありません。

適切に数値を把握して、異常があれば自覚症状がなくても対策を始めましょう。

ただし、血圧というのはちょっとした条件で変わります。

参考記事:正しい血圧の測り方

正しく測ってしっかり管理しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です