むやみに風邪薬を飲むと治りが遅くなる?

よく病院に行く方ほど長生きするという説もありますが、ちょっとした風邪ですぐに薬を飲んでいると、治りが遅くなるかもしれません。

発熱はカラダが病原菌と戦っている証拠?

風邪の症状の典型として、「発熱」があります。

ただ、これは病原菌が発熱をさせているわけではなく、カラダが発熱して病原菌を弱らせ、免疫がウイルスをやっつけやすいようにしているのです。

なので、薬で無理に熱を下げると、熱はさがるものの肝心のウイルスが退治しにくくなってしまうのです。

なので、風邪程度であればしっかり栄養をとって安静にしているほうが結果的に治りがはやくなります。

ただし、これは軽度の風邪の場合です。あまり高熱が出るようであれば安静にしておくだけなのは逆に危険です。

こういう発熱の場合は薬を飲んだ方がいい

体温は個人差があるので一概に何度とは言えませんが、だいたい平熱より2度以上上がったらカラダの負担が大きくなります。

消化器官の働きも低下しますし、腎臓の機能も低下するため毒素の排出機能も低下してしまいます。

こういう場合は一度熱を下げて安静にする方が効果的です。

特に、一気に熱が上がるような場合は風邪ではなくインフルエンザやウイルス性胃腸炎の可能性もありますので、速やかに医師の診察を受け、指示に従って服薬治療をしましょう。

まとめ

風邪に関しては、病原菌に直接作用する薬はありません。

一時的に症状を抑える対症療法的なものです。

一番危険なのは薬で症状だけ抑えて、無理に仕事を続けることです。

健康よりも大切な仕事はありませんので、まずはしっかり治して、その後に取り戻す方が何倍も効率的です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です