マスクはウイルス防御に効果がない?

風邪やインフルエンザが流行りだす冬になるとマスクをする人は多いと思います。

ただ、残念ながらマスクでウイルスを防ぐことはできません。

マスクでウイルスを防げない理由

マスクを見ると非常に目が細かく、ウイルスから守ってくれそうにも思えます。

ただ、ウイルスをバレーボールの大きさに拡大した場合、マスクの目はなんと校庭のグラウンドレベルの大きさになります。

これだとなかなか防ぐのは難しいですよね。

では、マスクなんて意味がないのでしょうか?

マスクには意味がない?

マスクにウイルスを防ぐ効果はありませんが、全く意味がないわけではありません。

最大の効果はのどの粘膜の乾燥を防ぐこと。

のどの粘膜が乾燥すると、ウイルスをのどで止めて免疫で退治することができません。

しかしマスクで保護していると乾燥を防いでくれるのでウイルスを食い止めてくれます。

もちろんウイルスに感染するリスクをゼロにすることはできませんが、ないよりはあったほうがいいでしょう。

どんなマスクがいい?

現在、様々なマスクが販売されていますが、のどの保護を考えた場合、すき間が少ないほうが効果的です。

なので病院などで無料配布されている↓のようなマスク

「マスク」の画像検索結果

よりも、より機密性の高い↓のようなマスクのほうが良いでしょう。

「マスク」の画像検索結果

ちなみに一番高いマスクっていくらくらいするんだろう?と思って調べたら、こんなマスクがありました。

楽天市場で一番高いマスクはこちらをクリック!

 

お後がよろしいようで…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です